第5回「オリジナルパッケージ 箔押し工場視察編!」

  • ホーム > 
  • ハコラム > 
  • 第5回「オリジナルパッケージ 箔押し工場視察編!」

いつもハコラムをご覧くださりありがとうございます!
早くも年末となりましたね。
ハロウィン、クリスマス、お正月、2月はバレンタインとイベントが目白押しで
街には見ているだけで楽しくなるような季節ものパッケージがたくさんですね!

今回のハコラムはそんな季節ものやギフトパッケージにもぴったりな
箔押しについて、第二弾です!
他の箱パッケージと差を出したい。付加価値をつけたい!
というようなご要望にぴったりなのが箔押しですね。

箔押しの基本については
第1回ハコラム「箔押しって?」をぜひご覧ください。

 

実は先日、ハコつくメンバーで箔押しの現場視察に行ってきました!

この写真は前回お話した箔押しの材料
実際に版として作成、使用されていたアルミ板です。

見た目は重厚感がありますが、、、アルミ素材なので
持ってみるととても軽いんです。
この版を専用のテープで機械にセットして準備します。

 

プレス部分は130°以上の高温!6tの力をかけて熱転写していきます。

実際に箔を印刷する工程はとても静かで軽やかなので、
本当に6tの力が加わっているのか疑ってしまうほどなんですよ。

そして1枚1枚手差しで機械にセットして
ズレのない美しい箔押し加工を施していきます。

 

工場を見回してみると箔にも様々な色があり、
たくさんのロールが保管されています。

 

 

金色だけでも数種類!光りの加減が違っていたりします。
最近は落ち着きのある金箔が人気なんですよ。

 

ここで少し特殊な箔をご紹介しますね。

白箔
白インクでの印刷よりも更にくっきりと美しい白が表現できます。
記念のプレゼントや結婚式の招待状など、白箔を使って
繊細な美しさを出したいときにいいかもしれませんね。

 

黒箔
印刷では出すことができない黒のツヤ感があり、
高級感やかっこよさを演出できます。
黒紙に黒箔、金地に黒箔なども素敵ですね。


 

透明箔
白い紙に透明箔を乗せるとニスと同じじゃないの?と思われますが、
ニスよりさらに光沢が加わったような仕上がりになります。
角度や光の加減によって美しく表情が変わる透明箔
ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

 

ホログラムカラー箔
普通の箔では物足りない!
そんな方にはキラキラと華やかな
ホログラム箔や、オーロラ箔もオススメです。

 

こちらの印刷所では御朱印帳やお守りの箔押しも多く手がけてます。
初詣などで購入したお守りも実は箔押しで表現されているのかも・・・?
少し気にしてみると面白いかもしれませんね。


第5回ハコラムいかがでしたでしょうか?
次回は新年!お楽しみに!
みなさま良いお年をお迎えくださいませ。